JPDAデザイン保護委員会「D-8創作証の運用について」
目的と仕組み 戻る

■D-8創作証制度の目的としくみ
 

知的財産権とは、人の知的創造活動から生じる成果を保護する権利の総称です。そして、デザインは知的財産権の対象です。
創作者として名前を登録し、D-8創作証(マーク)の交付を申請し、自らの創作物にD-8創作証(マーク)を貼付することによって、デザインに知的財産権があることを社会に示し、創作者と創作物を護ることを目的として、D-8デザイン保護研究会が作った制度です。
創作者が責任ある使用実績を重ねることで、信頼される制度として育てられていくことになります。

D-8創作証は、著作権法によって明白に保護されるポスターなどのデザインや美術工芸品はもとより、意匠法などによる登録手続きが完了していない、または登録を行う予定のない量産品のデザインについても、デザイナーが関わるすべての創作物には「創作した権利」が当然に発生していることをマークによってあらわし、デザイナーとクライアント、そして社会に向けて関心を喚起し、その周知と定着を図ることを目指しています。

D-8創作証の趣旨、規約に賛同し、規定の書式で使用登録を済ませた申請者には登録番号が付いたマークが交付されます。自己の責任のもとに、D-8創作証を自身の創作物に自由に使用することが出来ますが、固有の登録番号のため登録者以外は交付されたマークは使用できません。
申請登録者はD-8に参加するデザイン団体の会員に限ります。