Japanese English
パッケージデザイン
【情報の森】
REPORT NEW ENTRY
教育事業 パッケージデザイン情報の森 デザインの権利と保護 国際交流 全国会議
【情報の森】セミナーレポート

『現代における「デザインの新しい役割」の発見 ~そのヒントとプロセス~』

第1回調査研究セミナー

講師:飯島ツトム氏(基調講演)、中越 出(委員会報告)

開催日時:平成22年7月6日(火)19:00~21:00
開催場所:DIC日本橋本社ビル 17F 大会議室
出席者数:57名

2009年に会員専用サイト内に立ち上げた「〔環境配慮型パッケージ〕情報の森」のグランドオープンを機に、外部講師を招いての基調講演と委員会報告によるセミナーを開催しました。

基調講演には、『現代における「デザインの新しい役割」の発見 ~そのヒントとプロセス~』との演題で、環境プランナー、コンセプターとして活躍するCO-WORKS代表・飯島ツトム氏に講演をいただきました。 飯島氏の講演は、副題が「環境コミュニケーションとデザインの新パラダイムを探る」。環境問題の背景や変化していく社会のありかたなどから始まったお話は、人と人とが有機的につながるライフデザインへと展開していきます。

基調講演の主な内容(レジュメより)

1.環境コミュニケーションと持続可能なコミュニティー
2.環境問題から環境コミュニケーションへ
3.ひとりひとりがつながるデザイン
4.新ライフデザインのための9のキーワード
5.異種複合競技としてのデザインフィールド
6.オープンイノベーションの場づくりへ

ひらがな4文字で提示された9のキーワードは、さまざまに考えを巡らせることのできる言葉たち。
共通するのは生きている人がそこにいることでしょうか。ライフデザインマトリクスと名づけた由縁かもしれません。


デザイナーが領域を超えて、オープンにイノベーションを進めていく、その方向性やプロセスも示されました。

「デザインとは、大切なことをみえたり、さわったりできるようにすること」「デザインを職業とする人たちは社会にどう見られているか?」「デザインというもののブランディング」といった言葉も印象的でした。

独特の言葉を多く投げかけられた時間。それらを考え、何らかの回答を導き出すのは、言葉を受け止めた私たち自身ということになります。 セミナー後のアンケートには、「デザインの可能性の大きさが感じられた」「視点が変わりました」「デザインに対しての意識が広がった」といった感想が多くあり、出席者一人一人が「デザインの役割」を考えるきっかけとなったことがわかります。

また、委員会報告では「〔環境配慮型パッケージ〕情報の森」サイトの内容紹介と今後のコンテンツ充実に向けての考察を報告しました。アンケートでの調査研究に関する意見は、今後の委員会活動の参考としていきます。調査研究委員会初のセミナーへご協力いただきました皆様に御礼申し上げます。

■飯島ツトム氏への質問と回答(別ウィンドウで開きます)

担当委員会:調査研究委員会
担当理事:桑 和美/中越 出
担当委員:足立美津子/小川 亮/木嵜日出郷/北山晃一/小阪ゆき/高田知之/竹本えつこ/
     秦 智子/原 雅明/平尾朋子