Japanese English

メンバーズニュース

会員主催のイベント情報や会員からのお知らせです。

第34回 象展 “Show-ten”

京都市立芸術大学 美術学部 同窓会展

東日本個人会員:中越 出

京都市立芸術大学美術学部の卒業生メンバーが世代とジャンルを超えて、
それぞれのイメージを象(かたち)にして表現しています。
*当初3月開催を予定していましたが、7月に延期されました。

会 期:2020年7月20日(月)〜7月26日(日)
    11:00-18:00(最終日は16:00まで)
会 場:ギャラリーくぼた 3F,4F
    東京都中央区京橋2-7-11

案内PDFは、こちらから >>> PDFをダウンロード

GD46CROSSING

阿部和子・桑和美・石川和

東日本個人会員:桑 和美

 息抜きとストレスの狭間
その心地よさを求めて何かを作り続ける
“何か”はそれぞれ
表現方法もそれぞれ
共通点は4年の時間を共に過ごした仲間ということ
3人だけの同期会
Crossing できれば幸い

会 期:2020年3月2日(月)〜3月7日(日)
    12:00-18:00(最終日 17:00)
会 場:表参道画廊 MUSEE F
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-17-3 アーク・アクアリウム B02
アクセス:http://omotesando-garo.com/intro/index.html

P.K.G.Lab Exhibition「BAGASSE MOVEMENT」

バガス紙による「紙の時計」を展示するP.K.G.Tokyoと五條製紙株式会社の共同企画展

このたび、P.K.G.Tokyoと五條製紙株式会社の共同企画展、P.K.G.Lab. Exhibition 「BAGASSE MOVEMENT」の展示を開催します。

会場はGOJO PAPER GALLERYです。詳細については下記情報をご確認ください。お気軽にお越しください。


バガスとはサトウキビの搾りカスのこと。本来廃棄されるバガスを
利用してつくられる紙の原材料を「バガスパルプ」と言い、
そのバガスパルプを配合した紙を「バガス紙」と言います。
バガス紙は原材料のイメージからなのかチープな紙と思われがちですが、
実際は品質の伴った高級紙に生まれ変わっています。
サステナブルという観点は現代に求められる共通の価値観です。
役目を終えた植物繊維の時間を巻き戻し、
また価値のあるものに変換していく。そんな時代の潮流を私たちは
「BAGASSE MOVEMENT」と名付け、デザインにしました。
壁掛け時計に生まれ変わったバガス。新しい時代の時を刻んでいきます。

P.K.G.Tokyo ディレクター 柚山哲平


【トークイベント】2月6日(木)19:00〜20:30 @GOJO PAPER GALLERY
★トークテーマ『紙、デザイン、サステナブル』
【登壇者】
柚山哲平(P.K.G.Tokyo)https://www.pkg.tokyo
五條ペーパーギャラリー
ゲスト:小玉文さん(BULLET Inc.)https://bullet-inc.jp/

〈予約席・当日席について〉
ご予約をご希望の方は、下記メールアドレスに、お名前・メールアドレス・勤務先または学校名・参加人数、件名に「BAGASSE MOVEMENT 予約」と明記の上、お申し込みください。

〈お申し込み先〉 info@pkg.tokyo
※座席には限りがございます。座席は先着順とさせていただき、定員に達した場合は立ち見席となりますのでご了承ください。


【会場】GOJO PAPER GALLERY
【会期】2019.12.11(Wed) – 2020.02.14(Fri) 土日・祝日休館
     ※会期が延長となりました!
【時間】10:00 – 17:00 / 水木金は 19:00まで OPEN
【住所】〒105-0014 東京都港区芝2-31-15 北海芝ビル1階
【TEL】03-3457-0680

「なんか、ちがう。パッケージデザインのやくわり展」

容器文化ミュージアム 第17回 容器の小さな企画展

東洋製罐グループホールディングス株式会社は、
12月23日より東京都品川区の本社1F「容器文化ミュージアム」にて、
パッケージデザインをテーマにした企画展を開催いたします。

パッケージデザインはブランドの価値を伝えるツールであり、
商品やサービスをブランディングする上で重要なやくわりを担っています。
 
「中身をイメージさせる色やかたち」「正確な文字情報」などを融合し組み替えることで、市場には個性豊かな商品が生まれ続けています。その過程で、「お茶ならあんな感じ」「キムチならこんな色」など、商品を識別するための記号ともいえる「セオリー」が自然発生的に生じることがあります。
 
本企画展は、人の記憶にある「セオリー」に着目。実験的パッケージから、パッケージデザインが人に与える印象、その可能性を逆説的に浮かび上がらせることを意図しています。セオリーに反する組み合わせ、思いがけない発想を具現化した展示品から、「なんか、ちがう」違和感と、「なんか、ちがう」魅力的なアイデアまで。
お立ち寄りいただき、「パッケージデザインのやくわり」を感じていただければ幸いです。

会 場:容器文化ミュージアム
    〒141-8627 東京都品川区東五反田2-18-1 大崎フォレストビル1F
    https://package-museum.jp/

会 期:2019年12月23日(月)〜2020年2月21日(金)
    9:00〜19:00※(土・日・祝日/休館日)
    ※開催初日のみ 17:00終了

入場料:無料

エコプロ2019[第21回]

JPDA法人会員も多数出展!

会 期:2019年12月5日(木)~7日(土) 10:00~17:00
会 場:東京ビッグサイト 西1~4ホール
入場料:無料(登録制)
主 催:(一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社

テーマゾーン・企画では、下記の展示が予定されています。
・第4回ナノセルロース展
・海洋プラスチックごみ対策コーナー
・SDGsx地方創生

詳しくは主催者サイトをご覧ください。
https://eco-pro.com/