Japanese English

メンバーズニュース

会員主催のイベント情報や会員からのお知らせです。

島崎 紘而(こうじ)のAnimal Cap 2018展

身近な段ボールと新聞紙で創る動物の帽子です。「張り子の虎」とは違い、一切ペイントしていません。2008年に人がかぶるサイズで創り展示しました。それから10年が経過し、今回は、小ぶりの作品を展示しています。

このゾウは、ジャズを演奏されているベーシストの方に頼まれて創りました。コントラバスの頭にかぶせ、保育園や幼稚園、市民会館などで、演奏する時に使われています。

 

 

 

デジタルな時代に、とってもアナログな作品群を見に来ていただけると幸いです。

 

日時 2018年10月29日(月)~11月4日(日)

   10月29日(月)18:00~20:00 オープニングパーティー

 

会場 SHORT LINK CIRCUIT (ショートリンクサーキット)

   東京都港区西麻布3-1-14六本木フォレストビルB1

 

 

 

「現代日本のパッケージ2018」展

印刷博物館 P&Pギャラリーでは、10月10日(水)より「現代日本のパッケージ2018」展を開催します。
 
身近な印刷物の代表例であるパッケージには、使いやすさに配慮したユニバーサルデザインや、
地球環境に優しい包装材の開発など、解決すべき課題に対しさまざまな努力がなされています。
一見、消費者にはわかりづらいこのような創意工夫は、それを評価するコンクールによって、
誰の目にもわかるようになります。
 
P&Pギャラリーでは日本で開催されている大規模なパッケージコンクールの受賞作を通じて、こうした現代のパッケージのデザインや機能などの進化を一般の方々に広く知っていただく機会を設けました。身近な存在でありながら、これまではなかなか深く知ることのなかったパッケージの面白さを本展でご紹介します。


【展示内容】※受賞作品すべての展示ではありません。
・第57回ジャパンパッケージングコンペティション   41点の受賞作品
 主催:一般社団法人日本印刷産業連合会
 
市場で販売されている商品化されたコマーシャルパッケージの優秀性を競う商品包装コンペティションです。
 
 
・2018日本パッケージングコンテスト(第40回) 37点
 主催:公益社団法人日本包装技術協会
 
材料、設計、技術、適正包装、環境対応、デザイン、輸送包装、ロジスティクス、販売促進、アイデアなどあらゆる機能から見て年間の優秀作品を選定するコンテストです。ジャパンスター賞12賞をはじめ、6つの包装技術賞、13の包装部門賞があります。
 ※印刷博物館ではこのうちのジャパンスター賞と包装技術賞の一部を紹介します。
 
 
・JPDAパッケージデザインインデックス2018〈特集:パッケージの「白」の表現〉 8点
 主催:公益社団法人日本パッケージデザイン協会
 
『パッケージデザインインデックス2018』掲載作品の中から、現代の日本のパッケージデザインにおける「白」の表現をキーワードに幅広いタイプの作品を紹介します。
 
  
【「現代日本のパッケージ2018」展 開催概要】
会   期 : 2018年10月10日(水)-12月9日(日)     
会   場 : 印刷博物館 P&Pギャラリー 入場無料
開館時間 : 10:00-18:00    
休 館 日   : 毎週月曜日
共   催 : 凸版印刷株式会社 印刷博物館、一般社団法人日本印刷産業連合会、
        公益社団法人日本パッケージデザイン協会、公益社団法人日本包装技術協会
住   所 : 〒112-8531 東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川ビル
電   話 : 03-5840-2300(代表)
W E B  : https://www.printing-museum.org/exhibition/pp/181010/
 
 
【10月14日 トークショー 開催概要】
日   時 : 2018年10月14日(日)15:00-16:30
会   場 : 印刷博物館 グーテンベルクルーム 事前予約制・参加無料
住   所 : 〒112-8531 東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川ビル
W E B  : https://www.printing-museum.org/exhibition/lecture/
 
 
  

 

 

「京都の街の顔さがし」街のポーカーフェイス写真展

「街のポーカーフェイス」と題し、街に潜むユーモラスな「顔」を 長年カメラで撮り続けている阪東勲氏の写真展を開催いたします。

そのユニークな視点と、微笑ましい作品はイタリア、アメリカの写真 雑誌をはじめ、日本の小、中学校の美術の教科書にも採用されています。

今回は、5月から6月に京都の街を歩いて撮った最新作の数 々が並びます。お買物の合間にぜひお立ち寄りください。

日時:2018年 10月2日(火)まで

時間:10:00 ~ 20:00

会場:階段ギャラリー『上ル・下ル』(西階段1~8階)

          DAIMARU 京都店

          〒600-8511京都市下京区四条通高倉西入立売西町79

          電話(075)211-8111

観覧:無料

  https://youtu.be/wRLb907E5Bo 

★「京都の街の顔さがし」の展示作品はこちらのサイトから見ることができます。

2018東京国際包装展(TOKYO PACK 2018)

JPDA会員企業も多数出展!

主催:公益社団法人日本包装技術協会
会期:2018年10月2日(火)~5日(金)
時間:10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト東ホール全6館

TOKYO PACK “東京国際包装展”は、さまざまな業界で活躍している包装資材・容器、包装機械を中心に、調達から生産、物流、流通、販売、消費、廃棄・リサイクルに至るまでのあらゆる分野を網羅した世界有数の国際総合包装展で、2年に一度開催されます。
JPDA法人会員も多数出展します。
詳細および来場事前登録(無料)は主催者公式サイトをご覧ください。
http://www.tokyo-pack.jp/

会場内には、「パッケージ・デザイン・パビリオン」も開設。パッケージデザイナーと企業との出会いの場をテーマに、販売力向上のためのヒントを一堂に紹介するコーナーで、JPDA会員のデザイン会社も多く出展しています。
http://www.tokyo-pack.jp/

包装族 PACKAGE DESIGN PARTY

主催:PAKECTION!(パケクション)
8月31日(金)〜3日間 大阪 堺筋本町で開催します。

パッケージをジャケ買いしちゃう人、気にいった箱が捨てられない人、紙の手触りや凝った印刷が気になって仕方ない人…
そんなあなたは包装族!パッケージデザイナーをはじめ、パッケージに関わる紙や印刷加工会社などが集うイベントです。

2018.8.31 Fri.-9.2 Sun
11:00-19:00(最終日は18:00まで)入場無料
briq SHINSO BLDG.
大阪市中央区博労町1-2-17 
地下鉄「堺筋本町」駅より徒歩6分

■PAKECTION!展覧会「PITTANCO展」
大阪在住のパッケージデザイナー集団「パケクション」によるパッケージデザインの展覧会。第6回となる今年のテーマは粘着加工!特殊紙や粘着・加飾印刷加工を駆使した作品を発表します。

[参加デザイナー] 
冨山美紀、馬場良人、三河内英樹、湊潤子、三原美奈子、山内理恵
[協賛企業] 
株式会社竹尾、特種東海製紙株式会社、大商硝子株式会社、株式会社Sakae Plus、株式会社坂井印刷所、賛協社レーベル印刷株式会社、シバタセスコ株式会社、本州印刷株式会社、株式会社和光、有限会社日伸製作所、株式会社ユポ・コーポレーション
[協力企業]
株式会社中野木型製作所、日報ビジネス株式会社

■パッケージマルシェ
紙や箱、雑貨から書籍まで、包装にまつわる商品を展示販売。オリジナル商品やマニアックな包装グッズも!
[マルシェ参加企業]
株式会社坂井印刷所、シバタセスコ株式会社、日報ビジネス株式会社、有限会社山𣷹、株式会社ユポ・コーポレーション

■ワークショップ
大人も子供も楽しめる箔押し体験!表紙に金や銀の箔を押したリングノートが作れます。
[ワークショップ参加企業]
Echos Design & Letterpress、株式会社坂井印刷所、株式会社Sakae Plus

ロゴデザイン:COSYDESIGN Inc.